行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

祇園町

f:id:tabisuru_sumiya:20180413064548j:plain

 祇園、と聞いて関西人である僕は真っ先に思い浮かべるのが京都の祇園です。華やかで人がひっきりなしに訪れる街、そんなことを連想してしまいます。

翻ってここ福岡市内の祇園町バス停はどうなのかというと、そんなイメージを悉くひっくり返すもので 純然たるオフィス街であり大博通り国体道路が交差するありふれた街角のひとつ、といったところでしょうか。

ただひとつ、僕がおやっと思ったのはこの界隈の一角に寺院が多いという事です。ざっと見ただけで大博通りの東西だけで11軒のお寺が存在します。オフィス街でもあり仏閣の多い街・・・一見取り合わせとしては考えづらいものですが、ここが近隣に存在する櫛田神社を中心とする「祇園山笠」の本場であるとするならば・・・このあたりに神社仏閣が点在するというのも頷けます。

祇園祭にその源流を持つ祇園山笠。その祭りには欠かせない煌びやかな山車もまた、ここ祇園町界隈には点在すると聞きます。どこまでもドライに見えるバス停周りも、しっかりと博多の風土が育んだ神社仏閣が根付いている「由緒」の深い土地だという事に気づかされます。

 

【バス停データ】

祇園町(ぎおんまち)

福岡市博多区祇園町1丁目~冷泉町1丁目

大博通りを走る路線と国体道路を走る路線が交差するポイントにバス停があり、さらに市営地下鉄の駅もあるためジャンクション的な機能を持っている

(平成30年3月29日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん