行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され
行くぜ、バス停。の資料室(「行くぜ、バス停」で扱ってる以外の事業者のバス停を集めています)
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
炭屋さんの「撮ってみました」 (炭屋さんのインスタグラムです)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局・南海バス
中国四国:広島電鉄・とさでん交通  九州:西鉄バス・九州産交バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

熊本桜町バスターミナル

元は熊本交通センターというバスターミナルでしたが、改築され桜町バスターミナルとして開業しました。 九州産交のみならず、熊本電鉄・熊本都市バス・熊本バス、並びに高速路線バスで乗り入れてくる県内各社のバスがやってきます。 左側の建物がホテルで、…

祇園橋

乗り継ぎで立ち寄りましたが、思いこみを修正できたいい機会でした。 都市バス、熊本電鉄、熊本バスの共同停留所です。比較的ポピュラーなタイプの電照式です。 熊本駅方向のバス停もほぼ同位置にあります。 熊本市電の祇園橋電停も程近い場所にあります。来…

杉塘

すぎども、と読みます。 熊本都市バスとの共同停留所です。 こちらは細身の電照式ですが、向かい側は大きなタイプの電照式です。選定基準というのがあるのでしょうか。 ほど近くに熊本市電の杉塘電停があります。市電の方が本数は多く便利そうです。 熊本城…

かんかん坂入口

きっと謂われのあるバス停名だろうと、辺りを見回しましたが… そういう坂っぽいものは見つけられませんでした。ここは熊本都市バスとの共同停留所です。 ただ、向かい側のバス停付近が崖のようになっていることから、きっと近くにあるのだろうなと推測。 向…

松橋産交

今回のバス停めぐりで、一番の渋さのあるバス停かと思われます。 松橋産交です。 旧国道3号沿いにあって、松橋駅からも市街地からも微妙に離れています。それだけに、よりバスの拠点としての雰囲気が強く出ているような気がします。 「~産交」となると車庫…

宇土駅前・宇土駅東口

ダブルタイトルになってますが、宇土駅前バス停が駅を挟んで2つあるだけです。 国道に近い側のバス停が東口で、主にあまくさ号や桜町バスターミナル行きが発着します。 シンプルな感じで、コミュニティバスのバス停と同居しています。 バス停を降りるとすぐ…

杉島

国道と旧道が別れる付近にあります。 熊本バスとの共同停留所ですが、右の空欄に何が書いてあったのか謎めいてます。 対向2車線の、いかにも旧道っぽい雰囲気があります。 辺りは基本的に住宅地です。 この先で国道に合流することから、ご覧のように混雑して…

緑川橋

自分で車を走らせていて、ここを越えると熊本市を抜けたなー、と感じます。 緑川橋のたもとにあるので当然ながらこのバス停名に… バスベイが取られていて、ここで時間調整という便を見かけます。 熊本市内方面行きは屋根付きです。 ダイヤ構成は可もなく不可…

川尻町(旧道)

副題があるのは、新道(バイパス)にもあるためでして… どうやら熊本バスとの共同停留所のようですが、「熊バ」という略し方がユニークです。 辺りは川尻町の中心地らしく、商店や住宅がひしめいています。並びに何となく宿場町的な雰囲気を感じるのは、 ど…

リバグリーン八幡

行き先としては「川尻町」でしたが、終点はこんなバス停名でした。 何となく広い公園的なものがありそうな、そんなバス停名です。 転回場があって今乗ってきたバス以外に、もう1台がぽつねんと停まってました。 ダイヤは薄め。熊本市の南の端だとこういう感…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん