とにかくバス停を上げるブログ

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~外伝

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの日常 #とは炭屋さんの個人情報を晒している、かもです


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

エアポケット

エアポケットと聞くと 飛行機のアクシデントを思い浮かべる人が多いだろう だがエアポケットにはもう一つの意味がある 空白 ぽっかりと空いた時間や場所のことを指す意味で使われる 天神から香椎、青葉団地といったバス停をめぐってたどり着いた終点 そこは…

雑然

神戸生まれ神戸育ちの僕だけど 神戸があまりスマートな街だとは思っていない こういう感じで雑然とした街の塊が神戸だと思ってる節すらある 湾岸部は県外の人が思っているいるようにシュッとした(関西弁・すらっとした、という意味)街かもしれないけど そ…

オアシス

バス停めぐりで東京のバスに出会うまでは 東京のバスってひたすらビルの合間ばかり走ってつまらんだろうと思っていた よし始めようと新宿からバスに乗った やはりビル街ばかりじゃないか つまらないかもなと思いつつ 何気なく降車ボタンを押して下車 それま…

唐突

「えっ」と思う瞬間って唐突にやってくる 歩き疲れて無人のバス停のベンチにへたり込む 1台のバスがやってきた ドアが開く 視界には誰も乗っていないバス えっ、えっ、と思いつつ既にカメラを反射的に構え 誰もいないバス停とバスをカメラに収める バスが着…

邂逅

行ったものは必ず帰ってくる 会った瞬間を切り取ろうとカメラを構える 上りと下りのバスがまもなくすれ違う よし、ここだとシャッターを切る 切ってから気づいた この系統、循環系統だった・・・ 連続したものが単に並んだだけだ でもこうも感じた 数分前ま…

あけましておめでとうございます

休止中ですが、新年のあいさつをば・・・ 年の初めではありますが正直後悔しています。このブログで取り上げた3社局のバス停すべてを周りきれるのだろうかと・・・ 現段階で西鉄は福岡都市圏1/5と筑豊をわずかに、神戸市営は東灘と西はほぼ手付かず、関東バ…

「とにかくバス停を上げるブログ」にお越しくださいましてありがとうございました

平成30年最後のあいさつです。 似たようなコンセプトのブログを作ってはやめ、作ってはやめを繰り返して何回目かの正直でこのブログを立ち上げ8か月。サボリの期間もありましたがアーカイブをざっと眺めると、我ながらサマになってきたかなと自惚れている次…

冬季休業のお知らせ

という訳で、業務多忙(年度末のアレ)と「勢い」低下が長引きそうなので更新は1~2か月ほどお休みとします。 とかいいつつネタをストックするため某所の徘徊はするのですが、このお休みの間に書き溜めていこうかと思ってますので、どうぞ期待せずお待ちくだ…

リアリティ

日本の産業の原動力となった石炭 その何割かを九州地方で産出し、そして消費地へ送り出されていった 社会科で習う事柄ではあるが、教科書の字面だけでそのリアリティを感じるのは 正直無理な話だった そして今 福岡地方のバス停をつぶさに見ていくようになっ…

アクセシビリティ

「博多駅前訪問」シリーズ第一弾です アクセシビリティ、という言葉がある 一義に交通の使いやすさ ーここには障がい者も障壁を感じることなく使える交通というのも含まれているが ここでは普通に「使いやすいかどうか」に絞る― と定義されているが、個人的…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん