ぷろじぇくと・バス停

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ブログタイトル変更しました

看板(ブログタイトル)変えました 旧:とにかくバス停を上げるブログ → 新:ぷろじぇくと・バス停 取り上げる事業者がちょっと増えたので、これを機に変更してみたり・・・やってることは変わりません。 よろしくです

哲学堂公園入口

中野区には「哲学堂」という大きな公園があります。その公園の縁を沿うように関東バスの路線がありますが、その道中は意外と高低差があってこのバス停はその「低」の部分に相当し両側が勾配に阻まれています。 武蔵野の東の端に位置するこのあたりだからこそ…

宮崎駅

宮崎駅にはバスターミナルが2箇所あります。絵のような高速バスが発着するのは西口側で、以前はバス停に少し毛が生えた程度の規模でしかなかったものが、ここ数年で改良に次ぐ改良を重ね南宮崎駅前の宮交シティバスセンターに次ぐ規模を誇ります。 大阪、福…

野崎通5

2系統が走るロケーションについて聞かれたら「山腹を縫うように」というのが最適解と思えるくらい巧みに急勾配を避けてわずかな平地を探すかのようにして走っています。 ここ野崎通5もそうした山腹、というか山麓に僅かに広がる平地にあってこれより下も坂、…

日産自動車前

工業地帯を走る路線であれば事業所名を冠するバス停名はゴマンと存在します。でもここは見ての通り住宅地内にあるバス停で、まるでこの自動車メーカーに阿る(おもねる)感すら感じさせるようなロケーションに存在します。 同社も強ちこの名前に縁がない訳で…

西鉄多々良

同社のバス停名で地名の前に「西鉄」が付くと場所によっては営業所が至近(または目の前)にあるパターンだったりします(例:西鉄大隈、西鉄直方) しかしここはそういった気配はなく、川沿いの閑散とした場所にそのようなバス停名がつけられています。 こ…

須磨一の谷

国道2号線を西へ走らせていきますと、須磨駅を過ぎてまもなく海・・・といったところにぽつんと立っているのがこのバス停です。このバス停止まりの便はこの近くで客を降ろすと、50mほどさらに進んだところにある転回場に入って次の便の時間まで休憩となりま…

天神警固神社・三越前

特に何かトラブルがあったわけではなくこれが福岡の、と言うか天神地区の平日朝のごく「普通の」風景が広がっているだけです。 福岡市も全国的な傾向の例にもれず、自動車社会でしてその一方で公共交通機関、特にバス路線網の発達も目覚ましいものがあります…

立野橋

青梅街道営業所から歩く事10分ほど。多くのバスがズラリとならぶ場所があったのでつい惹かれ立ち寄ったのがここでした。 営業所だけではバスを収めきれないので第二車庫を設けたといった感じで、車庫以外はひたすら住宅地が続いています。 交差点に小さな祠…

夢野町2

東西の系統がここで出会う、傘の骨の結節点といったところでしょうか。 南から見ればここまで多数の系統が同時にやってきのが東西へそれぞれ散っていくような感じになります。 東は三宮、西はひよどり台とそのエリアも広大で神戸駅まで出なくともここで乗り…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん