とにかくバス停を上げるブログ

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~外伝

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの日常 #とは炭屋さんの個人情報を晒している、かもです


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ヴィーガーデン西東京

何となく公園っぽいものをイメージするようなバス停名でしたが、実際行ってみるとそこは大きなマンションでした。バス停名でありがちな「~団地」ではなくマンション名で来ましたか、という印象です。 それにしても大きなマンションです。そして時間帯もある…

白門

この写真の手前を後藤寺線が走っており、近くには下鴨生駅があります。飯塚から大隈を結ぶ路線が通り、片側はコンクリートに固められた切り通しの擁壁が続きますが、もう一方は菜の花が咲く長閑な土の切り通しの土手が続きます。おそらくコンクリート側もか…

房王寺町五丁目

背後に見えるガーター橋は神戸電鉄。右側には家屋に隠れていますが長田駅があります。須磨から山本通へ東西に延びるこの市道はアップダウンが多く、房王寺町付近はちょうどサミットにあたります。 そしてここは東西のみならず、長田方面からの市道もここで合…

北裏

練馬区の西の果てに位置し、荻窪からの路線はここで折り返していきます。それと同時に三鷹駅から武蔵野市内を回ってきた路線も、ここ北裏で折り返していきます。東西の路線のジャンクション、は大げさかもしれませんが要衝であることには変わりないと思いま…

福浜

福浜、という言葉の響きからすれば近くは海浜があるのかなと思ってしまいますが、実際はマンションに囲まれた団地の終着点、といった趣であります。 3台ほどが停められるスペースの他に小さな屋根付きベンチと規模としてはささやかなものです。それでもぐる…

妙法寺駅前

黄色い屋根のバスターミナルに、薄汚れた三角屋根の駅舎・・・今でこそレトロを感じさせる佇まいではありますが、昭和年間に開通した神戸市営地下鉄の駅としては最先端を感じさせる造りでした。 北区のように大々的な開発はここ妙法寺界隈では見受けられませ…

上荻一丁目

幹線鉄道で大きな駅の一つ隣の駅というのは得てして閑散としているもの、というのを聞いたことがありますがそれはどうやら、バス停にも当てはまるようで・・・ ここ上荻1丁目バス停の東隣は荻窪駅・・・いわゆる「杉並三駅」の筆頭格と言われるくらい利用者…

土井団地

団地、と聞いて関西人である僕は千里ニュータウンのような大規模なマンション群を思い浮かべるのですが、実際にはここ土井団地のように一戸建て住宅が取り囲んでいる状態であることを「団地」と呼んでいるようです。 その中心にある土井団地バス停は、天神を…

平野

「ぎおんさん」で有名な祇園神社の麓はこんな感じの街で、平野バス停はそうした中にあります。 古くから平野は交通の要衝と言われており、港町と有馬を結ぶ南北の有馬街道と、須磨と布引付近を結ぶ東西の山麓沿いの街道が交わるところで、かつてほどの殷賑さ…

小滝橋

新宿西口からバスに揺られて15分から20分くらいでしょうか、高層マンションが途切れ小さな商店が増え始めたあたりにこのバス停に着きます。 とにかく勢いのある新宿の市街地と比べ、ここ小滝橋界隈はちょっとした下町的な風情を見せてくれます。それまで背伸…

香椎

同じ香椎は香椎でも、JR駅に接続しているのは西鉄香椎が近くここのバス停は主に国道3号線から和白方面へ向かう系統が停まります。 国道沿いということでバス停周りはロードサイド店で賑やかなのですが、それがバス停の利用につながっているのかと言えばそう…

丸山

ここにやってくる系統は4系統と40系統の2本ですが、共通して言えることは両系統とも「循環路線」であるという事です。そしてその循環する輪っかの付け根(ラケットの付け根を想像すれば判り易いと思います)にあたるのがこの丸山バス停です。 長田の住宅地か…

あけましておめでとうございます

休止中ですが、新年のあいさつをば・・・ 年の初めではありますが正直後悔しています。このブログで取り上げた3社局のバス停すべてを周りきれるのだろうかと・・・ 現段階で西鉄は福岡都市圏1/5と筑豊をわずかに、神戸市営は東灘と西はほぼ手付かず、関東バ…

「とにかくバス停を上げるブログ」にお越しくださいましてありがとうございました

平成30年最後のあいさつです。 似たようなコンセプトのブログを作ってはやめ、作ってはやめを繰り返して何回目かの正直でこのブログを立ち上げ8か月。サボリの期間もありましたがアーカイブをざっと眺めると、我ながらサマになってきたかなと自惚れている次…

冬季休業のお知らせ

という訳で、業務多忙(年度末のアレ)と「勢い」低下が長引きそうなので更新は1~2か月ほどお休みとします。 とかいいつつネタをストックするため某所の徘徊はするのですが、このお休みの間に書き溜めていこうかと思ってますので、どうぞ期待せずお待ちくだ…

酒殿

このバス停名から真っ先に思い浮かべたのは、JR香椎線が至近なのでは?という事でしたが、実際このバス停に降り立つと鉄道は遠く、駅もかなり離れていました。どちらが中心に近いかと言われたら・・・どちらも遠いような気がします。 やってくるバスは宇美と…

博多駅前A

名実ともに九州の玄関口である博多駅。その駅前にある訳なので「博多駅前」という名前は自然なものと理解はできますが、ここでひとつ気になったのは「A」というアルファベットが語尾についている点です。 もうお判りだとは思われますが、天神同様に博多駅前…

蔵本

最初に断わっておきますが、ちゃんと行き先を表記したバス停はもちろんあります。そう断っておかないとこれが全てと思われてしまうくらい、インパクトの強いバス停に出会ってしまったような気がします。 普通に乗り降りができるバス停が圧倒的に多い中で、わ…

熊内一丁目

原田線(この道路のこと)を20年以上見続けてきた僕にとって、こういった風景は当たり前のものと思っていました。日本全国がこんな感じなんだと思い上がってたフシすらありました。 仕事で全国を見て回る機会に恵まれ、この原田線のバス停付近の風景よりもも…

飯塚バスターミナル

このバスターミナルを見ての最初の一言・・・「僕の知っている飯塚バスターミナルじゃない」 それはさておき、時代のトレンドと申しますかバスターミナルだけが新しくなるという事例は少なく、そこに何がしかの付加価値を付けて改修されるという事が多いよう…

タイトル改称と事業者追加のお知らせ

という訳でこんばんはです。 project-nbで西鉄バスのバス停を上げる事を宣言した炭屋さんなのですが、あることに気が付きました。経済的事情、スケジュール的事情から なかなか福岡に行けない・・・ ということが判明。 まあこれは仕事で定期的に九州へ行く…

祇園町

祇園、と聞いて関西人である僕は真っ先に思い浮かべるのが京都の祇園です。華やかで人がひっきりなしに訪れる街、そんなことを連想してしまいます。 翻ってここ福岡市内の祇園町バス停はどうなのかというと、そんなイメージを悉くひっくり返すもので 純然た…

天神大丸前

目の前はまさにバス停名通り、百貨店である大丸が聳え立っています。ここのバス停名は「天神大丸前」ですが他にも「天神~」というパターンがこの付近ではいくつも存在し、言い換えればバス停名に取り上げられた地名はまず間違いなく有名どころである、とい…

伊崎

喧噪渦巻く天神から都市高速に乗って10分ほどでしょうか。政令指定都市であるはずの福岡市内にこんな鄙びた風景が見れるというギャップの落差を楽しむ・・・西鉄バスのバス停を見ているとこういうパターンが多く、これこそがバス停めぐりの「醍醐味」と思っ…

すの子

シチュエーションとしてはマンションが立ち並ぶ、何の変哲もない住宅街といったところです。そして「すのこ」・・・なぜこんな名前が付いたのか、最初は正直見当がつきませんでした。 マンション街、だと思っていたのですが実はそう遠くないところに港があり…

荒戸一丁目

今夜のホテルに向かうためバスに乗ってやってきたのがここ。大濠公園の外れに位置し昼間であればひっきりなしに車が走る昭和通りもご覧の通り・・・ 目の前の郵便局は普通集配局でもないのに大きな建物で、それでいて人の気配は無くまるで廃墟のような雰囲気…

福岡空港国内線ターミナル南

ここが実質的な「project-nb」の初めの「第1本目」になりますね・・・ 福岡空港。決して小さな空港ではありません。何せ滑走路一本あたりの発着数では屈指の多さを誇り、国内線のみならず国際線の発着もアジア地区の路線を中心にまだ増加傾向にあるくらいで…

新宿高速バスターミナル

5,000以上(平成30年3月時点)ある西鉄バスが発着するバス停を訪問するという「願」をかけた、その「第1本目」です。 バスタ新宿、という名前が発表されて僕の界隈では案の定というか予想された反応がありました。 「わかりにくい」 確かにそうかもしれませ…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん