行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

博多駅筑紫口

裏口、というには語弊がありますが…結構賑やかです。 福岡の旧国名が筑紫、ということもあって如何にも福岡らしいバス停名です。 バス停に降りると博多駅がお出迎え…主に新幹線が発着しています。博多口が再開発されるまでは、筑紫口のこの駅舎の方がスタイ…

百年橋

福岡の出張最終日でどこにも行ってないというのもアレなので… 大層歴史がありそうな響きだったので行ってみました。 幅広の道路橋があるだけで、付近も古めな町かなと思いましたが、意外と普通でした。 上下のバス停はほぼ同位置でした。 ちょっと気づいた事…

城山峠

仕事の移動で通りかかったもので… 岡垣町と宗像市の境目付近にあって、国道3号沿いで車の往来は絶えませんが、山の中というロケーションのためか秘境感も漂っています。 背の高い雑木の下にバス停があるシチュエーション…「となりのトトロ」的なものを彷彿と…

200か所訪問達成

どうやら今日昼間に訪れた阪急バスの「済生会病院前(ちゃやまち)」バス停で、200か所訪問を達成したようです。 当初は西鉄バスだけのバス停を全て網羅するぞ!って意気込んでいたのですがあまりの壁の高さ(バス停数の多さ)にビビってしまい、それでは関…

梅田

加島線専用のバス停です。 かつては違う場所に発着していましたが、JRバスがターミナルを開設するにあたり、当時の大阪市交通局と共にここへ移転した、という経緯があります。 JRの高速バス発着スペースとは別にホームが設けられており、大阪シティバスと共…

済生会病院前(ちゃやまち)

梅田の入り口にあたります。 加島線に加え阪北線(梅田~箕面)も乗り入れていることから、便数も4本/hと使いやすくなっています。 大阪シティバスとの共用。 ここは都心乗り入れ方向のみの道路で、加島や豊中方面へ行くバスはここを通らず、大淀方面を回っ…

三津屋

田川通から加島方へは次のバス停となります。 古くは西成郡三津屋村にそのルーツを持つこの地域は、隣の田川通に比べると小規模ながらも独立した街の風情を感じさせます。 例によって大阪シティバスとの共用のバス停です。大阪シティバスは屋根付きですが、…

加島

かじま、かと思ってたのですが正確には「かしま」でした。 梅田から府道大阪伊丹線を西に向かって走って、そろそろ大阪市内から離れるかな…と思った頃に現れるところです。 大阪シティバスと共用しています。 それほど大きくはありませんが商店も多く、ひし…

田川通

上下のバス停がかなり離れています。 梅田方面行きバス停のみ標識が新しく、加島方面は従来のままです。 梅田方面行きバス停。 目の前に商店が並んでおり、下町的な風情があります。 十三に近づくにつれ高層の建物が目立ち始めますが、まだまだ住宅地が目立…

園田競馬場行き

バス停名としては変な感じですが、このブログの主旨に忠実にのっとり…JR尼崎駅前のロータリー内にあります。 阪神地区には2つの大きな競馬場があり、ひとつが阪急今津線の仁川駅近くの阪神競馬場でもうひとつが園田競馬場です。 要するに競馬場の観客を輸送…

西川

加島線の西の端にあります。 「おりば」という表記が示すように、このバス停は降車しか扱いません。では乗車側はというと… ご覧のように「休止中」のカバーがかかっており、このバス停から大阪方面に行くことは出来ません。実質的な片道のみのバス停(しかも…

神崎橋

同社の大阪市内にあるバス停では西の端に位置します。 新しいタイプの標識に替えられたようです。 ここは平日は設定がなく、土休日の深夜に1本だけ西川行きが設定されているだけです。 付近は中層系マンションと事業所が混在しており、雑多な雰囲気です。 こ…

加島駅前

加島線の原点へ… もともとこのバス停は無く、東西線開通時に並行する加島線と接続を取った、といった方が正しいのかも知れません。 ロータリー内のターミナルのなかで、ほぼ駅出入口正面にバス停があります。 都市型のバス停でスタイリッシュではありますが…

十三

阪急バス加島線が廃止されると聞いて… 阪急電車の十三駅最寄りです。改札から国道176号に向かって商店街を歩けば5分ほとでたどり着きます。 大阪シティバス(旧大阪市交通局)のバス停と並んでいます。 加島駅方面へ行く系統があるので、同社が撤退しても路…

野間大池

小高い丘が連続しており、その間隙を縫って平地を見つけた、そんな感じのところです。 ここを通る系統は少なめですが、博多駅と柏原や桧原地区を結ぶ便が多数設定されています。 両方向のバス停は近く、辺りも商店こそ少なめですが、寂しさはあまり感じませ…

桧原三ツ角

桧原営業所の一つ手前にあります。 三ツ角というからどんなヘンな交差点にあるバス停なんだろうと期待していたのですが、 普通の県道沿いにありました。 ただ、強いていえばこの2つに別れた道路のうち、右側の先が交差点になってて、左の道路につながってい…

駅前一丁目

駅前、とはもちろん博多駅前のことです。 駅前といいながら、駅前~丁目は駅から1キロにも届こうかという辺りまであって、博多駅というものが単なる駅ではなく地名として定着しているのだと、今更ながら感心させられます。 都市型のバス停で、壁一面使って時…

警固町

西鉄福岡駅の裏手に警固公園というところがありますが、そこよりは西に位置します。 鎌倉時代に設けられた、異国警固番役がこの町のルーツになっています。 西鉄バスの路線網でも比較的系統が集中しており、バス停も2本立てて対応しています。 アクリルの囲…

百道中央公園西口

ももち浜、という表記を地図で見かけますがこのバス停に書かれている表記の仕方が正式なものと言われています。 英語表記が中央公園、で止まっているあたりが日本語との解釈の仕方が違っていて面白いところです。要するに「中央公園には違いないんだから東や…

鳥飼

六本松のマンション街の勢いが弱まってきたあたりにあります。 六本松から一旦西へ向かった系統が途中で北へ転じたものと、最初から六本松から北へ向かってた系統がここで交差し、一方は福岡タワーへ、もう一方が藤崎方面へ向かいます。 六本松~途中で北へ…

草香江

くさがえ、と読むそうです 六本松バス停の次とあって系統数が多く、概ね10分も待てばバスがやってくる、という立地にあります。 このバス停の屋根、どこかで見たことがある…と思ったら一時期多数派だった神戸市バスのテント張りスタイルの屋根でした。 反対…

別府橋

大分県の某温泉都市的な響きがありますが、所在は福岡市中央区です。 城西、西、藤崎方面と天神を結ぶ結節点にあたり要衝的な存在となっています。 故に系統数も多くバス停が2つあるという状態です。付近はマンション街でここ数年で雨後の筍的な感じで建設が…

井開

バス停訪問というよりは「行ってみました」の方が良かったかな‥ 室住団地バス停からひとつ橋本寄りで、 住宅地に囲まれた普通のバス停です。 ここの見所は 橋本寄りの道が極めて狭い、所謂「狭隘」区間になっています。 普通車なら少し気をつければ離合でき…

室住団地

4ヶ月ぶりの西鉄バスのバス停訪問です。 野方から橋本へ進み、室見川を渡って狭い道が連続した先あたりにパッと開けた場所がありますが、そこが団地街を形成しておりバス停はちょうどその中心地にあります。 屋根やベンチがあって、そして折り返し待機のスペ…

天井川

なんとなく、草津の国道1号を跨ぐあの川を想像してしまいましたが、実際は普通の川でした。 天井川のバス停は西行きは2つあり、 高倉町と神戸駅方面へ行く系統がここに停まり、 その他の系統は、川に近い側に停まります。電照式の方は無理やり「神姫バス」の…

JR鷹取駅

サブタイトルに高橋病院前とあります。 神戸市のバス停に多く描かれている市章がありませんが、このターミナルには神姫バスも乗り入れているため、でしょうか。 広めのターミナルで、主に神戸駅方面や松原町方面へ向かう系統が発着しています。概ね1時間に1…

明泉寺橋

長田から北へ延びていた路線が、しあわせの村方面へ行く系統と分かれたあたりにあります。 電照スタイルの宿命で、バス停名以外の表記が消えてしまっています。 付近は個人宅がほとんどですが中規模のマンションも建っており、限られたスペースをいかに活用…

萩乃町

4系統の循環線内にあります。 神戸市バスに古くからある電照式のバス停です。このタイプも数は減らしたとは言え、まだまだ残っています。 循環線なのでバス停は神戸駅方面行きのみ。個人宅の要壁に沿うようにして立っています。 緩い下り坂の途中にあるので…

観音寺

2系統の行程において中間を過ぎてそろそろ六甲に向かおうといったあたりになります。 観音寺とは観音菩薩を祀る寺院から名付けられたもの、とは推察されますがそれらしきお寺は1軒のみ…地元で信仰されている仏様ということなのでしょう。 摩耶ケーブルの駅へ…

青谷橋

三宮を出た2系統が、行程の中間あたりで迎える地点です。 下り坂同志が出会う僅かな平地にバス停があります。 神戸は坂の町というイメージ通り大小様々な坂があってバス停もそんな中にいくつも存在します。 バス停名の由来となった青谷川にかかる橋です。わ…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん