行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

出在家町

川西の市街地の入口付近にあります。 川西~清和台のルートのうち、旧道経由の多田大橋、鼓ヶ滝、丸の内ルートで、さらに滝山を過ぎて川西方面行きに市役所前ルートというものが存在します。 ただこの市役所前ルート、川西方面行きのみ存在するという変わり…

光風台六丁目三号公園

光風台という団地内にあります。 豊能町内にあり、能勢電の駅を中心に開発された新興住宅地です。 閑静な住宅街の中にあって、上下のバス停がほぼ同位置にあります。 すぐ直下を国道477号が走っており、川西市と能勢町へのアクセス路となっています。 ここだ…

西畦野

川西市の北部に位置する、畦野地区の一角です。 平野方面のバス停がどこにあるか、ここからは確認できず…バス停名から能勢電の畦野駅に近そうな感じですが、実際ははかなり離れています。 神社の桜がバス停に覆い被さるように伸びており、バス待ちの利用者を…

多田大橋

移瀬と多田神社前の間にあって、路線網としては 意外と「要衝」的存在なので… 猪名川の護岸上にあって、県道川西篠山線沿いにあります。 川西~清和台のメインルートがバイパス経由主体とあって日中でも閑散としています。 バス停名のルーツとなっている猪名…

移瀬

難読バス停名のひとつで、「うつせ」と読みます。 清和台の街の真ん中で台地から下る道がありますが、その一番底にこのバス停はあります。 バス停名から、おそらく隣を流れる猪名川に川の流れを作る瀬が流路を変えて流れている、そんな印象を受けました。 川…

多田神社前

もちろん、源氏を祀る神社がそばにあることからそのバス停名になっております。 川西と篠山を結ぶ県道沿いにあり、両側は民家が迫っていてせせこましい雰囲気です。 そんな道路事情もあってか、運行される車は大型車に混じって少し小ぶりなバスも充当されて…

箕面森町近隣公園前

今年の春は「とある」社会情勢の影響で外出を自粛しなきゃならん状態…そういう訳で近場でネタを集めています。 「みのおもりまち」だと思ってたのですが、「みのおしんまち」って読むのですね。 ここが起終点で、向かいには「おりば」用のバス停が立っていま…

伊丹北ノ口

伊丹の中心地から、やや北へ離れた県道沿いにあります。 伊丹の北の入口にあるからこんなバス停名になったのでしょうか。そういえば、ここから北へ数個ほど進むと「北村西ノ口」というバス停がありますね… 如何にも郊外、といった雰囲気でバス停から北側はな…

TVQ前

西新方面行きに博多駅から乗ると次のバス停な訳ですが、それが結構遠かったりします。 西新方面行きの他にも、キャナルシティラインバスが停まることからほぼ15分おきにやってきます。 そしてJR九州バスの「福岡山口ライナー」のキャナルシティバス停でもあ…

瑞穂

豊饒を象徴とするワードがバス停にあると何となくほっこりします。 このタイプの看板ということは、ここは福岡の都心ということにもなります。 対向は電照式で西鉄バスらしさを感じさせますが、ちょうどここは中心街と郊外との境目、ということなのでしょう。…

扇町

山王一丁目から支線のように分かれている先にあひます。 付近は中層系マンションと事業所が点在しており、福岡の都心にあって下町に近い雰囲気を持っています。 一般路線の終点であると共に、博多駅を発着する高速バスの転回場にもなっています。 路線バスに…

春住町

博多駅の界隈から南へ5分程度進むとたどり着きます。 取材当日が日曜日ということもあってか、とにかく静かです。ここを通る系統は井尻方面と博多駅、天神方面行きだけでシンプルなものです。 この奥が博多駅ですが、それほど近くも遠くもない感じで、雰囲気…

対馬小路

「つしまこうじ」だと思っていたのですが、実際には「つましょうじ」でした。 天神からわずか数分ですが静かなところです。 こちらは電照式のタイプですが対向は看板式…こういう組み合わせは多いのですが、これから本数が増える方向が電照式って事が多く、こ…

千早駅

国道3号からはやや離れていますが、今や福岡市のベッドタウンの玄関口として大いに栄えている感があります。 ここに立ち寄る路線としては天神方面と主に香椎浜方面の系統が集まっています。 目の前がJRと西鉄の千早駅で、鉄道同士の乗り換えもさることながら…

昭和通一丁目・飯塚駅通

上りと下りでバス停名が違うという、ちょっと風変わりなバス停です。 飯塚バスターミナル行きは「昭和通一丁目」を名乗っていますが、 工業団地や西鉄大隈方面行きは「飯塚駅通」を名乗っています。 「飯塚駅通」を名乗っている方は確かに 駅を見通せる通り…

桂川駅

JR西日本に同じ字の駅がありますが、こちらは「けいせん」と読みます。 筑豊本線と篠栗線が合流する桂川駅。もちろん西鉄バスもやってきます。や、かろうじて残っている、といったところでしょうか。かつては並行する国道に飯塚と久留米を結ぶ西鉄バスの路線…

上八院

大木町の中心から西へ向かうと数分でたどり着きます。 何となく寺院を彷彿とさせるバス停名ですが、特にそのような建物は見あたらず、 畑と小さな工場が点在するのんびりとした風景が広がっています。 羽犬塚と大川市内を結ぶ系統が走っているこの道路は、も…

祐天寺

駒沢通りに面し、東急東横線の祐天寺駅にもほど近い所にあります。 渋谷と目黒の間に挟まれていることから、あまり系統は多くなく、恵比寿や渋谷から洗足、用賀方面への便が設定されているに過ぎません。 どちらかというと渋谷、目黒からの出る系統の補完的…

清水庚申

戸越と目黒を結ぶ都道420号の目黒区内にあります。 五反田~世田谷区民会館の系統と洗足~渋谷の系統がこのバス停で交差しており、乗り換えポイントではありますが少し離れています。 五反田~世田谷区民会館の系統はこの通りを走っており、沿道は小さな商店…

満願寺

位置的には宝塚市域なのですが、この一帯だけが川西市という「飛び地」で、このバス停はそんな飛び地にあります。 雲雀丘花屋敷駅を出たバスはここ満願寺までひたすら登り、長尾台で川西市に入って一転下り坂になったその「底」に着きます。 もちろんバス停…

野里

宝塚市内、といっても川西市にほど近く国道176号バイパスの傍らにあります。 このあたりの地名「山本野里」からきており、その地名が表すように宝塚山本地区に属します。 川西市にも近く、また1キロ余り南へ進むと伊丹市にも接しており、「宝塚」でありなが…

池田(西のりば)

阪急池田駅の駅前にあるバス停からはやや北側に離れています。 駅前のバスターミナルは主に箕面方面だったり、井口堂の車庫への系統が出ていますが、こちらは伏尾台や余野方面の系統が出ています。 ビルの1階にバスターミナルがあって、全体的に時代がかった…

100ヵ所目達成

「記事的には」というのが付きますが・・・ どうやら西鉄バスの「拾六町団地」訪問記録が100ヵ所目になってたようです。 最初に断りを入れたのは、実際UPしていない訪問記を合わせたら300ほどにはなります。でも記事にするにはあまりにアバウトすぎたり、写…

九大前

すっかり暗くなって厳しくなりましたが… 文字通り、この先に九州大学があったので…「あった」と書いたのは本部は糸島市方面に移転したためで、今は馬出付近に医学部があるだけです。 降車と乗車のバス停が分かれていて、到着したバスがそのまま折り返すとい…

米一丸

次郎丸、と似たような響きだったので…(フォロワーさんにもいらっしゃるのでこの際…) 楷書体で見ると凛々しいバス停名です。九州では~丸というのが多いのでしょうか。興味深いです。 ほぼ同位置に上下のバス停が並んでいます。 目を引いたのは、バス停前の…

月見町

大濠公園から続く71系統の終点です。 2ブロックほど北側にはJR鹿児島本線が走っており、また飯塚へ向かう国道のオーバーブリッジが見え街としてもこのあたりで一区切り、といった感じです。 ここに乗り入れるバスは71系統1本だけで、それもデータイムは毎時1…

博多五町

「ひきの」や「なかたに」に乗っていて、蔵本を出たらすぐ通過するこのバス停がいつも気になっていて… ルーツはこのあたりのかつての町名「麹屋番」「川端町」「ツナバ町」「川端通」「寿通」の町名から、と言われています。 昭和通りに面しており、上下のバ…

警察本部前・九大病院入口

福岡市内のバス停名としては長い方ではないでしょうか。 県警本部と大学病院がある、という意味ではわかりやすいバス停名ですが、響きとしては物々しいような気がします。 クスノキに囲まれたバス停周りはいかにも都会的で、よく言えばスタイリッシュ、悪く…

馬出通り

難読地名です。「まいだし」と読みます。 箱崎宮の神事で馬を出したというところにルーツがあるとのことです。 やはりここの「趣味的」な見所は、ここを路面電車が走っていた頃の名残が随所に残っている、という点です。 このバス2台がすれ違うので精一杯、…

アイランドシティ照葉

香椎照葉の埋め立て地の一角にあって、終点的な趣があります。 博多、天神、千早、藤崎といった西側への路線が発着しています。ベッドタウンとしての立場から都心方面中心の路線構成になるのは自然な流れでしょう。 バス停前には恐ろしく高いタワーマンショ…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん