行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

梅田

加島線専用のバス停です。
f:id:tabisuru_sumiya:20200628154353j:plain
かつては違う場所に発着していましたが、JRバスがターミナルを開設するにあたり、当時の大阪市交通局と共にここへ移転した、という経緯があります。
f:id:tabisuru_sumiya:20200628154519j:plain
JRの高速バス発着スペースとは別にホームが設けられており、大阪シティバスと共用のエリアになっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20200628154615j:plain
大阪シティバスはそれなりに本数が確保されていますが、同社担当は2本/hと少なくそのためかホームも閑散としています。
f:id:tabisuru_sumiya:20200628154750j:plain
特徴としては加島線のホームへ行くには、この横断歩道を渡らなければたどり着けない点です。歩行者が押しボタンを押してJR側の信号を赤にして渡ってホームへ…という感じになります。

7月19日で最終となると聞いて、駆け足で加島線のバス停めぐりをしてみましたが、並行する大阪シティバスがそれなりに本数を確保していることから、沿線利用の低下というのはあまりないのでは、と思っています。
伝統的な同社の路線が無くなるという点においては寂しさを感じますが、それが公共交通機関が残る上で必要なことと言うのなら、致し方ない選択なのかも知れません。

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん