行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

須磨一の谷

f:id:tabisuru_sumiya:20190405165127j:plain

 

国道2号線を西へ走らせていきますと、須磨駅を過ぎてまもなく海・・・といったところにぽつんと立っているのがこのバス停です。このバス停止まりの便はこの近くで客を降ろすと、50mほどさらに進んだところにある転回場に入って次の便の時間まで休憩となります。

JR線とガソリンスタンドを越せばすぐ大阪湾の海岸線に出ます。大阪湾は言いかえれば瀬戸内海でもあり、市バスのエリアで山ばかり団地路線が続いていた中で意外にも瀬戸内海に触れられる場所があるのかと思うと、そのエリアの広さを実感します。

厳密には山の向こうで市バスの路線は展開しているのでここが最西端という訳ではありませんが、海岸線がそこまで来ているシチュエーションに「最果て」を感じ取れるのではないでしょうか。

 

【バス停データ】

須磨一の谷(すまいちのたに)

神戸市須磨区須磨浦通六丁目

路線はこれより東にしか向いていません。ここに到着したバスは10数メートル離れた転回場で次のダイヤまで休憩しています

(平成30年5月7日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん