行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

室住団地

4ヶ月ぶりの西鉄バスのバス停訪問です。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607102436j:plain
野方から橋本へ進み、室見川を渡って狭い道が連続した先あたりにパッと開けた場所がありますが、そこが団地街を形成しておりバス停はちょうどその中心地にあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607102646j:plain
屋根やベンチがあって、そして折り返し待機のスペースまであってちょっとしたターミナル的な機能を持っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607102752j:plain
URがまだ住都公団と言われてた時代からあるのでしょう。壁に描かれたこの絵に昭和的なものを感じさせます。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607102914j:plain
折り返し便があるくらいなので、バス停内の敷地はかなり広く同社の路線網を構成する上での要衝になっているようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607103031j:plain
バス停の先は団地が続いており、その先は小さな商店街もあり団地内にコミュニティを形成しています。
f:id:tabisuru_sumiya:20200607103155j:plain
そんなコミュニティのゲートウェイとなっている室住団地バス停。団地の交通機関としてなくてはならない存在のようです。

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん