行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

■資料室作りました(2020-09-20開設)
「行くぜ、バス停。」で取り上げている事業者以外のバス停を紹介しています
→ 「行くぜ、バス停。の資料室」

★こちらも覗いて下され
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
炭屋さんの「撮ってみました」 (炭屋さんのインスタグラムです)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

立野橋

f:id:tabisuru_sumiya:20190405124423j:plain

 

青梅街道営業所から歩く事10分ほど。多くのバスがズラリとならぶ場所があったのでつい惹かれ立ち寄ったのがここでした。

営業所だけではバスを収めきれないので第二車庫を設けたといった感じで、車庫以外はひたすら住宅地が続いています。

交差点に小さな祠(ほこら)があり縁起が書かれていましたが、きっとここは鄙びた農村で近代化と共に今のような風景になったのでしょうけど、この祠だけは変わらずにずっとここに佇んでいたものと見受けられます。

多くのバスが行き交い、または朝は続々と車庫を出て夜は次々とここに帰ってくるバスをこの祠は見守り続けていたのかと思うと、ずっと続いてほしい風景だなと願いたくなります。

 

【バス停データ】

立野橋(たてのばし)

練馬区関町南1丁目

隣の車庫は関東バス青梅街道営業所。営業所自体は1つ荻窪寄りの停留所前に本部があるので、ここは第二車庫的な存在

平成31年1月2日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん