ぷろじぇくと・バス停

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

土井団地

f:id:tabisuru_sumiya:20190330204103j:plain

団地、と聞いて関西人である僕は千里ニュータウンのような大規模なマンション群を思い浮かべるのですが、実際にはここ土井団地のように一戸建て住宅が取り囲んでいる状態であることを「団地」と呼んでいるようです。

その中心にある土井団地バス停は、天神を走る西鉄バスの行先表示で一度は目にしたことが多いかと思われます。それが証拠にここから南へ2キロほど下ったあたりには西鉄バスの土井営業所があって、運行拠点としての体裁を整えております。

そんな土井団地バス停ですが2台も入れば満杯の転回場的なところで、乗務員さんもここにバスを付けたら一息入れるために休憩場所へ行き、あとは無人のバスが佇むだけ・・・という極めて長閑な風景が展開されます。

喧噪渦巻く天神と、どこまでも長閑な土井団地・・・これほどまでに両極端な風景が同時に存在する路線を擁する西鉄バスの奥深さを感じたひとコマです。

 

【バス停データ】

土井団地(どいだんち)

福岡市東区青葉6丁目

見た目の静寂さとは違い、天神方面への路線が多数設定されるターミナル的存在

(平成30年8月24日訪問)

 

 

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん