ぷろじぇくと・バス停

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

博多駅前A

f:id:tabisuru_sumiya:20181128202140j:plain

 名実ともに九州の玄関口である博多駅。その駅前にある訳なので「博多駅前」という名前は自然なものと理解はできますが、ここでひとつ気になったのは「A」というアルファベットが語尾についている点です。

もうお判りだとは思われますが、天神同様に博多駅前もまた道路が「バスターミナル」状態なのです。手前からA,B、Cと続き反対側にはE、Fと降車専用(Eと交わるところにも降車専用)があります。さらに大博通りにも降車専用があって、そして駅東側には博多バスターミナルがあって・・・都合8つの「博多駅前バス停」が存在することになります。

これだけ分散しているのであれば、いっそ博多バスターミナルに集約してしまえば・・・と考えがちですが西鉄バスの系統図を考えた時、博多駅を経由地とする系統はターミナル内を通すと冗長になってしまい、さらに駅止まりまでターミナルに入れてしまうと・・・それこそ収拾がつかなくなってしまいます。

ひとつにまとめれば便利にはなるが一方でひとつにまとめると不便になる、そんな二律背反というパラドックス博多駅前で発生させない努力の結果が、8つの「博多駅前バス停」というカタチになって表れたというのはマニア的にも、都市交通政策を考える上でも興味深い事例と言えます。

 

【バス停データ】

博多駅前A(はかたえきまええー)

全路線の把握は難しいのですが、住吉・渡辺通り方面向け路線が多く発着しています。始発ではなく「通し」の路線が出ている感覚でしょうか(始発便は隣の博多BTから)

(平成30年3月30日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん