とにかくバス停を上げるブログ

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~外伝

★こちらも覗いて下され

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの日常 #とは炭屋さんの個人情報を晒している、かもです


■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています
基本的に関東バス・神戸市バス・西鉄バス中心ですが、それ以外も紹介していく予定です(平成31年4月1日より)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■お願い
炭屋さんは関東バス・西鉄バスのエリアからは離れているところにいます。
取材は慎重に行っておりますが、記事中の表記について誤りがあるかもしれません。
その時はコメント欄でお知らせ下されば幸いです。

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

常識

f:id:tabisuru_sumiya:20181115192227j:plain

 バス停とはバスに乗るため、または降りるためにある

おそらくこれは常識だろうし間違ってはいないだろう

しかし世の中には常識というものが通用しない場面に時として出会うことがある

降りるためだけのバス停があるのだ

ここからバスに乗ることが叶わないのだ。いくら望んでも叶わないのだ

その願いを叶える場所はここから西へ1メートルもいかない場所にある

そこもまた、このバス停と同じ名前のバス停がある

なんだか混がらがってしまうが、整理すれば何という事はない

降車する客はここで降り、乗車する客は別の同名のバス停に行けばよい

ではなぜこんな事態になっているのか

降車のみ可能なバス停とは、この街へやってくる特急バスや高速バスの客が

別の場所へ行くバスへ乗り換えるためだけに存在するのだ

タネを明かせばつまらない限りだが、初見で常識が通用しないものに出会うと

やはりドキドキするものである

 

【バス停データ】

蔵本(くらもと)

福岡市博多区網場町八丁目

祇園町同様、東西の道路が交差する一大ジャンクション。こちらは県内高速・特急バスの停留所にもなっており博多や天神まで行かずともここで接続できるようになっています

(平成30年3月30日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん