行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され

炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

すの子

f:id:tabisuru_sumiya:20180407080921j:plain

 シチュエーションとしてはマンションが立ち並ぶ、何の変哲もない住宅街といったところです。そして「すのこ」・・・なぜこんな名前が付いたのか、最初は正直見当がつきませんでした。

マンション街、だと思っていたのですが実はそう遠くないところに港があり、それも工業ではなく漁業を中心とした港町を形成しています。そうするとこの名前にも心当たりが出てきます。近くの交差点の名前は「簀子交差点」・・・すのこ、を漢字に直すとこう書きます。木材を並べて組んだもので現在であれば「パレット」が相当します。

かつては港町で上がった魚をトロ箱に入れ、そして簀子の上に積んで出荷を待った・・・そういった光景がこの付近で繰り広げられていたのでしょう。

そういった光景を想起させるバス停名が普通に見られるという環境がうらやましくもあり、楽しくもあります。

 

【バス停データ】

すの子(すのこ)

福岡市中央区大手門三丁目

那の津通りを走る福浜行きの系統に乗れば、天神から数分でたどり着きます。目を凝らせば縦の通りから海が見え、改めて長浜が港町であることを実感できます

(2018年3月29日訪問)

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん