行くぜ、バス停。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

★こちらも覗いて下され
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■このサイトについて
炭屋さんがバス停を入れた風景をカメラで切り取ったものを紹介しています

関東:関東バス・東急バス・東京都交通局  東海北陸:名鉄バス・富山地方鉄道  関西:阪急バス・神戸市交通局
中国四国:とさでん交通  九州:西鉄バス・宮崎交通

訪問時にその場でUPしているものと、撮り溜めたものを簡単なデータ付きでUPしているものがあります。ご了承下さい。

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

名鉄バス

下広井・下広井三丁目

名鉄バスセンターの一つ手前にあるバス停です。 こちらは名鉄バスセンター方面が停まるバス停ですが、栄や引山方面に行くバスは下広井三丁目というバス停に停まります(全く同一のバス停として扱っても差し支えはありません) 都市型タイプのバス停ですが、…

お馴染み、名古屋市内の繁華街のど真ん中にあります。 実は同社の栄のバス停は複数あって、今回訪問したのは出来町線のバス停となります。 栄の公園前に位置し、向かいには商業ビルが立ち並び目の前には錦通大津という大きな交差点があります。 これだけ繁華…

茶屋ヶ坂

文字通り、周りは緩い坂にかこまれています。 名鉄バス色は全くなく、純然たる市バスのバス停です。 名古屋市内方面行きバス停。 道路の真ん中にコンクリートのホームがあり、そこにFRP製の囲いがあってちょっとした鉄道の駅っぽいスタイルです。 引山方面バ…

引山

どちらかというと名古屋市バスの領域ですが、同社もバス停を持っている、ということで… 栄、名鉄バスセンター方面行きバス停。名鉄バスの文字はなくあくまで市バスのものです。 屋根、ベンチ、バス停が一体化された都市型タイプのものです。スタイリッシュで…

三軒家

ここまでが名古屋市営の均一料金だったので… 名鉄バスセンターから約50分、引山を越えて環状2号を越えてまもなく、といったロケーションです。 周りは住宅地ばかりで、ありふれたロードサイドの店が点在しています。強いて言うなら個人経営の店が多いという…

笹島町(西)

ここは2つの行き先ごとに別れてバス停があります 笈瀬町からここへ向かうと、まず手前に名鉄バスセンター行きのバス停があります。 駅前の通りを少し過ぎたところにあり、オフィス街というよりは店舗の多い所といった感じがしました。 もう少し先に進むと今…

笈瀬通

難読の部類のバス停でしょうね‥ おいせどおり、と読みます。 その名の通り、昔このあたり一帯は伊勢神宮の管理地であって近くを流れる川も「お伊勢川」と呼ばれており、それが転じてこの名前になったとか。 歩道橋の傍らに名古屋市バスのバス停と一緒にぽつ…

稲葉地本通

名古屋市の西の端に近いです。 本通、という名前なのできっと大きな通りが交差しているんだろうなと思ったら、 今まで走ってたこの通りが「稲葉地通り」というオチでした。 名古屋市バスのバス停と同居するこのあたりは古くからの住宅地のようで、 喧騒渦巻…

ヒルトン名古屋

納屋橋バス停の取材をしていたら目に入ったので… 中部国際空港のリムジンバス専用のバス停です。納屋橋バス停へのアクセスも歩いて数分と近いです。 広小路通に面しており、バス停付近はすっきりしています。 バス停名の由来となったヒルトンホテル名古屋は…

納屋橋

このバス停から「行くぜ、バス停」の事業者を加えます。 名古屋駅と栄の真ん中あたりに位置します。名古屋市バスと同居しています。 広小路通に面しており、交通量は多めです。ホテルと共に飲食店も多く存在します。 バス停名の由来となった納屋橋は名古屋駅…

Ⓒ2018 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん